ゲート導入に関して

認証機設置方法

豊富な認証機設置方法

弊社セキュリティゲートは、多様な機器と連動するため、豊富な認証機設置方法をご用意しています。
上記以外にも、アクリルスタンドなど、認証機の形状や寸法に応じて、最適な設置方法をご提案いたします。

連動可能な認証機器

連動可能な認証機器

弊社セキュリティゲートは、多様な認証方法との連動に対応しています。
【カード/ QR/ 顔認証/ 指紋認証/ 手のひら認証/ センサー/ 遠隔スイッチ、および各社認証機器】
入室と退室で異なる認証方法や、退室をフリーにすることなども可能です。
※他社機器との連動はカスタマイズが必要な場合がございます。

1通路 設置例(SBTL6000標準幅とSBT2000S)

セキュリティゲートを1通路設置した場合のイメージです。
標準幅の他にワイド幅があり、通路幅はモデルにより異なります。

1通路 設置例

2通路 設置例(SBTL6000 ワイド+標準幅)

スイングバリアゲート、スライドバリアゲートと大型回転式ゲートで複数レーンを構築する場合は、通路増設用ゲートを設置します。
車いすや搬入のためのワイド幅と標準幅の組合せも可能です。

2通路 設置例

2通路 設置例(片側タイプのゲート)

片側タイプのコンパクトフラッパーゲートや、回転ゲートで複数レーンを構築する場合の例です。
【SBT2000S、TS1000pro、YG-T008 等】

2通路 設置例2

システム構成例

システム構成例

複数種類の認証機を、管理用ソフトウェアを使用して、容易に一元管理することができます。
例として、エントランスのセキュリティゲートに設置したQRコードリーダ、各扉の認証機、セキュリティ収納庫のユーザー管理。 そして、プリンタを使用し、ソフトウェアからQRコードの発行などを行うことができます。

ゲート設置方法

セキュリティゲートの設置につきましては、お客様のご要望に合わせて、アンカー設置やスロープ設置以外にもご対応いたしますので、お気軽にご相談ください。
※スロープ設置はYGシリーズのセキュリティゲートのみ対応。

< セキュリティゲートTOPへ戻る
お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせ

045-271-0150